NEWS

お知らせ

39期 匠会 表彰式(後編)

前回に続き、匠会 表彰式の大賞作品を紹介したいと思います!

残りの大賞作品は「DESIGN賞」「IDEA賞」「特別賞」「社長賞


DESIGN賞」にノミネートされた作品はこちら





大賞に輝いたのはY様邸。
趣味の手芸の糸巻きを飾れる&使える造作家具と美しいアールを描いた趣ある天井のトイレと玄関、こだわりの詰まった住宅に仕上がりました。
お客様の”思い描く生活”を匠の技で提案し形にしてくれる山田棟梁が受賞されました!




続いて「IDEA賞





F様邸のトイレカウンターが大賞に選ばれました。
カウンター上の垂れ壁を、特徴的なかっこいいデザインに。
丁寧な大工仕事とセンスの良い造作家具を作る服部棟梁が受賞されました。




続いて「特別賞


「特別賞」はW受賞!!

特別賞に輝いたのは、中華レストラン!
飾り棚の格子など、弘栄の大工にしかできない細部までこだわった美しいおさまりに仕上げて下さいました。
大工の技の見学もしながら、ご来店されてはいかがでしょうか。
今井一成棟梁、受賞おめでとうございます!





もうひとり「特別賞」を受賞されたのは青木勇人棟梁!
法規等の規制の厳しい特別養護老人ホームですが、弘栄らしい木の暖かみのある空間を作って下さいました!
各部屋のネームプレートやベンチなども大工さんの手作りとなっています。
青木勇人棟梁、受賞おめでとうございます。






最後は「社長賞


社長賞」はW受賞!

T様邸のテレビボードが大賞に輝きました!
板の張る方向の違いによるお洒落なデザイン壁と、一枚板の魅力をデザインに活かしシンプルでありながらディテールの美しさにこだわったテレビボードに仕上がりました!
服部棟梁、受賞おめでとうございます!




もうひとり「社長賞」を受賞されたのは、K様邸、安江拓哉棟梁!
階段下の飾り床のデザインや玄関のポーチの収まりなど細部の美しさはもちろん、全体のバランスのとれた心地良い空間に仕上がりました。
安江拓哉棟梁、受賞おめでとうございます!




リノベーションスタジオの花壇にお花を植えました!

気温が寒くなり、花壇が寂しくなってしまいましたので、

先日、スタジオの看板下2か所にお花を植えて参りました。

 

 

表の看板下の花壇の下は土が露になっていましたので、

ここに、ローズマリー・ブラキカム・アリッサムを準備しました。

苗をどこに植えるか打ち合わせをしてから作業に取り掛かっていき、

確り肥料を混ぜて、苗が育ちやすい環境を整えていきながら花植えをしていきます。

 

 

植えている時の作業風景です。良い天気でポカポカした天気で花植え日和でした。

暑さに負けじと作業を続けます。肥料を混ぜている時に、

水仙の球根が土の中で芽を生やしている事を発見し、急遽配置を変更。

あれだこれだと言いながら花壇にお花を植えていきます。

 

 

 

花植え完了!寂しかった花壇にお花と色が付いて素敵になりました!(*´▽`*)

背丈の高いローズマリーは塀を沿う配置に、

アリッサム(白いお花)とブラキカム(紫のお花)を

三角配置でバランスよく植えていきます。

 

 

この調子で曲がり角の看板下にもお花を植えていきます。

こちらに植えるのはスカビオサブルーバルーン・ブラキカム・アリッサムの三種類です。

 

 

天気が温かったみたいで、少しお花が垂れてしまってますが、花植え完了!(*´▽`*)

青紫のスカビオサ、紫のブラキカム、白のアリッサムを看板の両側に植えて、

花壇が色鮮やかになりました。

皆様の通勤時間・散歩に小さな幸せをお届けしていきます。

小さい苗でまだ存在感は少ないのですが、これからの成長が楽しみです。

 

40期 匠会 表彰式(前半)

弘栄の家の特徴でもある大工さんの造作。
家具だけでなく、階段手摺やデザイン天井など大工さんがお客様に成り代わり造作します。

大工さんが現場でお客様と打合せをしながら造作を進めていくので、その中で生まれるアイデアや、お客様を気遣った綺麗な納まりなどお客様だけでなく、スタッフも驚く新しいデザインが生まれます。

スタッフ全員で1年分の完成物件写真を見て振り返り、今年も11月に開催した匠会で表彰式を行いました!

表彰部門は全部で8つ

技術賞」「こだわったで賞」「手間かかったで賞」「キレイで賞」「DESIGN賞」「特別賞」「IDEA賞」「社長賞

今回は4つの部門の大賞作品を紹介します!


まずは「技術賞」から(^^)/







大賞に選ばれたのは S様邸 です!
築102年の難しいリノベーションを豊富な匠の知識を活かし、細部まで美しく納めて下さいました!
松井棟梁、高橋大工、日下部大工、受賞おめでとうございます!

 


続いて「こだわったで賞





S様邸 テレビボートが大賞に輝きました!
杉板を斜めに張った引き出しの面とアールの取っ手、品のあるお洒落なテレビボードに仕上がりました!
大工道具を巧みに操る二村棟梁が受賞されました!




続いて「手間かかったで賞







K様邸のデザイン壁とキッチンカウンターが大賞に輝きました!
格子の木枠が交互に組まれたデザイン壁、見た目のかっこよさと使いやすさを兼ね備えたキチンカウンター。
技術とセンス、住まいに対する知識を駆使して作成された進棟梁が受賞されました。





最後は「キレイで賞
こちらはダブル受賞!





O様邸 の手すりが大賞に輝きました!
シンプルなデザインの中に、洗練された美しさのある手すりに仕上がりました!
安江和則棟梁、受賞おめでとうございます!





J寺の和室が大賞に輝きました!
8畳2間が続く左右対称の美しい空間は、細やかで丁寧な大工仕事の積み重ねから出来上がります。
今井一成棟梁、受賞おめでとうございます!

 



次回は「DESIGN賞」「特別賞」「IDEA賞」「社長賞」を紹介します。

11/14.15 見学会のお知らせ

11/14(土)15(日)10:00~16:00に岐阜県可児市下恵土にて、リノベーション・新築の2棟同時の見学会を行います。
こちらのリノベーションの御宅は、以前ブログでも紹介をさせて頂きました。 ←クリック

生活スタイルの変化に伴い、築25年のご自宅をリノベーションされました。
注目して頂きたいのは2点!
★1点目は、キッチンの位置が大きく変更され、南側に明るく開放的なLDKを設けたところです。
元々のLDKは南北に長細く配置されていました。
リノベーション後は、キッチンも日当たりの良い南側に配置され、家族との団らんを楽しみながら、家事をする生活が想像できますね(*^ ^*)


↑南側のLDK:キッチンからみたダイニング、キッチン

★2点目は、2階の小屋裏を活用した趣味スペースです。
趣味スペースには、長い年月をかけて集められた蔵書を収納されるそうです。
小屋裏に上がるための収納を兼ねた階段の造作家具も注目点のひとつです。

↑小屋裏の趣味スペースから寝室を見た様子

今回は、リノベーションブログということでリノベーションの物件をメインで紹介させて頂きました。
同時開催される新築物件は、子育て世代の平屋となっております。
リビングからは坪庭があり、内と外の繋がりを感じさせてくれます。
新築とリノベーションを見比べられる貴重な機会です。
予約は不要ですので、お気軽に足を運んでいただけたらと思います。

改築中N様邸の現場に行ってきました!

10月13日に、5月上旬から改築工事が始まりましたN様邸に行ってきました!

 

ご家族の生活スタイルも変化してきたため、築25年のご自宅をリノベーションされることになりました。

北側に向いていたキッチンの位置を大きく変更し、LDKを南側に一部屋でまとめました。南側には幅2.5mもある大きな引き違いの窓を設け、明るく開放的なLDKへと生まれ変わります。

↑改築前:キッチンとダイニング

↑改築中:LDK

2階には小屋裏を活用したロフトを設け、ご趣味の蔵書を収納するスペースを作りました。ロフトへ上がる階段は、収納も兼ねたものとなっており一見ロフトがあるようには思えない作りになっています。
”秘密の隠れ部屋のような趣味スペースがある家”、とてもワクワクする間取りですね(*^ ^*)

N様邸の完成は11月です。11月14.15日で見学会を行います。
同日で、同じエリアの新築住宅の見学会も行いますので、新築とリノベーションを見比べることが出来ます。

お気軽に見学会にご来場下さい。

改築工事中のI様邸の現場に行ってきました!

10月6日に、7月上旬から改築工事の始まりましたI様邸の現場に見学に行ってきました。
お施主様は、リノベーションをするために平屋の中古物件を購入されました。
古き良き床の間や飾り床のある小上がりの和室はそのままに、分かれていたキッチンと
リビングは南側に1部屋にまとめ、開放的な明るいLDKとなります。


↑9月頃:解体され柱と梁だけの状態、ここが南側のLDKのスペースになります。

↑10月6日:リビングの部分には、天井が張られていました。
大工の手作業で一つ一つ丁寧に作業が進められています。

ご予約頂ければ、現場の見学も可能です。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
完成は11月になります。とても楽しみです(*^ ^*)

 

H様お引渡ししました!

7月吉日、約4か月間の改築工事を終えたH様邸のお引渡しを行いました(^^)
H様はご自宅でリトミック&ピアノ教室を開いて見え、「お教室は、子供さん達が安全に楽しく過ごせる空間にしたい。2階は全てプライベートスペースにしたい。」といったご要望をいただき改築工事に臨みました。1階の教室には、子供達の為に断熱改修(床下や壁に断熱材を入れ、窓は樹脂サッシに取替え)や床暖房の設置、勉強するカウンタースペースも設けました。2階には水回りとLDK、寝室を作り、無垢板のフローリングや手づくり家具にもこだわった空間になりました。お打合せの際には沢山のアイデアをいただき、よりH様らしい家へと生まれ変わりました!
施主様からは「いつか家を建てたいと思っていて、本屋さんで雑誌を見ても目が留まるのが必ず弘栄工務店さんの家でした。最初から全面信頼、全面信用でお願いして、夢を叶えることができて本当に良かったです。」と有難いお言葉をいただきました。
大変お世話になりありがとうございました。

【before】教室

【after】グランドピアノが2台置ける広々とした教室。本棚やリトミック道具を収納できる棚も作りました。

【after】2階のプライベートスペース。明るく過ごしやすいLDKになりました。

S様邸お引渡しいたしました!

先日、S様邸のお引渡しをさせて頂きました!
この建物は大正7年の建物(築102年)で、どこを見ても家族との思い出いっぱいの建物でした。
次世代に残したいという施主様の強い思いを大切にし、リノベーションという形で実現することができました。
玄関ホールには、東農桧の木目が美しい天井や、壁を円にくり抜いた畳敷きの飾床があり、上品な雰囲気を醸し出しています。また、家族が集まれる広いLDKと小上りの落ち着いた和室、たっぷり収納力のあるWIC、どの空間を見ても施主様のこだわりが満載です。
細かなデザインは、色褪せず古と新の技を繋ぐような素敵な空間に仕上げました。

これから住まわれる施主様家族が安心して暮らせるように、基礎補強工事や耐震補強工事、構造躯体の建て起こしもさせて頂きました。
松井棟梁をはじめとした、様々な職人さんが真心を込めて施工し、これからまた100年続くそんな家に生まれ変わりました。
これからも家族が帰ってくる場所として繁栄して頂けたらと思います。


外壁には塗り壁と板壁をバランスよく施し、化粧庇が映える外観に


桧板の天井や杉板の下駄箱と、着色塗装した柱や梁がバランスよくデザインされた玄関ホール


既存の丸太梁を活かした、古民家ならではのダイナミックな空間

I様邸お引渡ししました!

先日、I様邸のお引渡しをさせて頂きました。
この建物は築およそ100年ということで、I様のお母様がとても大事にされていて、ルーツのある特別な建物ということと、I様が幼少期はこちらで生活された思い出がいっぱい詰まった建物ということでした。

何かあったときに集まれる場所として残したい、そのためには耐震補強工事やみんなが楽しく集まれるようにリノベーションしたいという強い思いをお聞きし、「完成時にはI様に喜んでいただきたい」という思いで取り組んでまいりました。

やはり築100年の建物ということで、基礎は玉石基礎、構造躯体は大丈夫だろうかと、耐震を心配していらっしゃったので、基礎は玉石基礎をベタ基礎に、古田棟梁には建物の建て起こしや耐震補強をしっかり施工していただきました。多くの職人が心を込めて施工させていただきましたので、安心して暮らしていただきたいと思います。

この建物の完成を心待ちにしてみえたご親戚の方やお知り合いの方が集っていただける場所として繁栄していただきたいと思います。




親戚やご友人の方々が集えるように囲炉裏を作りました。
既存の天井も撤去し、丸太張りの見えるダイナミックな勾配天井にしました。

K様邸 お引渡し

3月吉日、約4か月間の改築工事を終えたK様邸のお引渡しを行いました(^^)
K様には打合せの際にたくさんのアイデアをいただき、よりK様らしい家へと生まれ変わりました!

玄関はうぐいす色の珪藻土で落ち着いた和風の空間でしたが、黒色の珪藻土を塗り直し引き締まる空間に仕上げました




(正面の建具はアクセントとなるように、天井まで高さのある建具に)


K様が一番悩んでみえた洗面脱衣室
洗濯機のある洗濯室は少し離れた場所にあったので、洗面脱衣室を拡張しました
寒さも気にしてみえたので、壁付けの暖房機も設置しました






LDKは間取りは変えず、TVボードや建具で隠せる食器家電収納など家具を造作
すっきりとした空間の中にも木のぬくもりを感じられるよう、天井には杉板を張りました










ダイニングには念願のペレットストーブ※を設置(※薪ではなく木質ペレットを燃料とするストーブ)
鍋を置いて調理できるタイプのペレットストーブを選ばれたK様
活躍する冬が待ち遠しいですね(^^♪


K様
大変お世話になり、ありがとうございました。
K様がより快適に暮らす日々を楽しみにしております。

一宮市M様邸お引渡ししました。

一宮市でかねてより改築工事を進めておりましたM様邸が、無事に完成し先日お引渡しをさせて頂きました。
M様邸は昭和7年に建築された45.52坪の平屋で、思い入れのある大切な建物でした。
構造躯体のみを残しリノベーションという形で、M様ご夫婦の終の棲家として残していきたいというお話をお聞きし、M様に喜んでいただけるよう家づくりにのぞみました。
やはり築87年の建物ということで、玉石基礎や構造躯体は大丈夫だろうかと、耐震を心配していらっしゃったので、基礎は玉石基礎をベタ基礎に、建物の建て起こしや耐震補強をしっかり施工しました。
M様の旦那様は「薪ストーブを入れたい」「本が沢山あるから書庫が欲しい」奥様は「ステンドグラスの工房が欲しい」「元々あった木製建具をリメイクして使いたい」など、こだわりや夢を沢山持って見えました。
大黒柱や厚鴨居を見せた古民家ならではの味わい深い空間の中に、薪ストーブや奥様手づくりのステンドグラス照明が映える素敵な建物になりました。

ステンドグラスの灯りと柱や梁のこげ茶が落ち着きのあるオシャレな空間に。

古民家と薪ストーブの融合。無垢の家具が映えるLDK。

39期 匠会 表彰式(後編)

前回に続き、匠会 表彰式の大賞作品を紹介したいと思います!

残りの大賞作品は「DESIGN賞」「IDEA賞」「特別賞」「社長賞


DESIGN賞」にノミネートされた作品はこちら




大賞に輝いたのはシオン葬儀場の造付手洗台
今までにないデザインで、スッキリとした作品に仕上げた青木棟梁が受賞されました!




続いて「IDEA賞




たくさんのノミネート作品から選ばれたのは新田棟梁が考案し造作した新聞紙入れ
新聞紙をサイズがぴったりの引出しにためておけれるだけでなく、くり抜かれた溝から紐を通し、まとめて縛ることもできるとても便利な造作家具でした!


続いて「特別賞




特別賞に輝いたのは水族館…!?では無く、10月に新装OPENされた喫茶富士美
熱帯魚が癒してくれる店舗では日替わりランチやシフォンケーキを楽しめます♬

一般住宅とは異なる建物を見事納められた青木聡幸棟梁に大賞が送られました!




最後は「社長賞


社長賞」はW受賞!

棟梁としてひとりでひと物件を納めた服部棟梁(まだ24歳という若さ!)
5年以上大工として毎日技術を磨き、親方にもスタッフにも一人で棟梁を任せられるまでに成長し、今年棟梁デビューとなりました!
そんな丁寧で早い仕事に「社長賞」が送られました★





もうひとり「社長賞」を受賞されたのは紫牟田棟梁!
リノベーションバスツアーで工事中も施工後も案内させてもらった平屋のリノベーション物件
造作ももちろんですが、段ボールを切り抜き、小屋裏書斎に上がるアイアン階段のイメージをお客様に分かりやすく説明してくださったという現場でのエピソードも社長の心に刺さり、「社長賞」に輝きました!