NEWS

お知らせ

CO-A RENOVATION STUDIOの庭に

弊社リノベーションスタジオの庭、建物西側は京都の路地風のエントランス、正面には雑木林をイメージしています。

庭づくりは、ガーデンズ名古屋由井さんにデザインしていただきました。

弘栄工務店のお客様のほとんどが裏側の駐車場からカフェ側か京都の路地風のアプローチを通り建物へと入られるので正面道路からの景色は車からしか見ていない方が多いかもしれません。

正面側の庭にはアンティークの飼葉桶があります。(飼葉桶かいばおけとは、牛や馬の餌を入れる桶だそうです)
以前、この石の水槽にかわいいメダカを飼っておりました。
それは大切に、スタジオのスタッフがエサやり、水が濁ればバケツに一旦移して、水を入れ替えして、水草を浮かべたり、雨や強い日差しでが心配ということで屋根を作って置いたり、、、
メダカの赤ちゃんもたくさん増えて100匹ぐらいになり、
なのに、なぜかある日ザリガニがいて、メダカがいなくなってしまいました(涙)

残念に思っていましたが、気持ちを切り替えて水の中で元気に育つ植物を入れようと、リノベスタジオをきれいに維持管理してくれているスタッフが、手入れしてくれました♪

そして、かわいいお花が咲きました。

「改築屋」という日除け幕もだいぶ色あせてしまったので、新調する予定です。
日除け幕のデザインを変えようか悩みましたが、結局HPアドレスの文字と生地をを変えて、筆文字は以前筆ペンで書いた文字のままにして注文しました。来月中頃には、新しいものに変えられるかと思います。

猫と暮らす家

こんにちは♪

先日、「猫と暮らす家」というテーマで、ペットとの暮らしを考えた新築の提案をさせていただき、お客様に大変喜んでいただきました!

そのプランを考えるときに猫の家をつくる知識をたくさん得ましたので、お話ししたいと思います。

 

【その①:猫の生活空間と動線】

 猫を室内飼いするときは、基本は完全室内飼いにして、外に行きたい欲求と脱走を防ぐことが大切です。

なので間取りを作成するときに、

・玄関には出入りできないようにする

・猫が行き来できる場所を制限する(行けないところは鍵をかけて出入りする姿が見えないようにできるとよい)

・半屋外のような空間を使って外への欲求を一部叶える空間をつくる(2階バルコニーの作成やウッドデッキに木フェンスをするなど)

・キャットステップやキャットウォークを使って退屈しない家にする

などたくさんのことを考え、設計させていただいております。

 また、猫のトイレやごはん、水飲み場の位置も、新築を建てる際にはぜひ考えておきたいですね!

廊下や脱衣室など、家の人だけが出入りする静かな場所であったり、収納の下などを活用すると良いです◎

次のイメージは実際にお客様にご提案した猫トイレのイメージです↓↓↓

 

【その②:猫のモジュール】

 猫が運動不足にならないように、お家にキャットタワーなどを設置することは飼い主さんの責任でもあります!

新築を建てるならば、ぜひキャットステップなどを家と一体になった造りつけ家具にしたいですよね!

猫は、30㎝~40㎝の高さを基本として移動します。

それより低いと、階段のようにタタタッと軽やかに移動し、高いと勢いをつけてジャンプするようになります。

ステップとステップの間隔も、20㎝ほど離すと良い運動になります。

この寸法を組み合わせて、キャットステップをご提案させていただきました↓↓↓

 

【その③:猫の習性といたずらの的になるもの】

 例えばテレビの配線が出たままになっていると、猫には猫じゃらしのようなおもちゃとして認識され、格好のいたずら道具になります。

キッチンも家電がたくさんあり、いたずらしやすいですね。あまりに管理できていないと誤飲の原因になったりと健康被害も怖いです。

配線の面は、新築をする際に家具の中にしまってしまうなどで対策をとることができます!

こちらのイメージは、奥にあるテレビ、エアコンの配線で猫がじゃれないように造作家具でキャットステップをご提案しました♪

またキッチン前に遊び場、猫が通ってもいい場所を作って、キッチン内になるべく入らないように計画しました↓↓↓

 また、猫は自分のテリトリーに自身の匂いやしるしをつけて、なわばりを主張します。

このマーキング行為は、体を擦りつけたり、爪とぎなどで行うようです。(猫それぞれで違うものです。)

猫の本能的な習性なので、防ぐことはできません。爪とぎスポットや壁の角を多く作って、マーキングしてもいいところをつくることが大切です!

 

今回は「猫と暮らす家」の新築工事を、ご提案させていただいた例をもとに猫についてお話しさせていただきました。

弘栄工務店では以前にもリフォーム工事で、「大好きな猫と暮らす家」も手掛けさせていただきました!

今住んでいるお家に愛犬、愛猫のための場所をつくりたいなと思っている方は、お気軽にお声掛けください♪

 

また、今月25日(土)、26日(日)に、可児市の御嵩町で見学会を開催します!

今回の開場は、大好きな愛犬とおだやかに暮らせる家として、建設させていただきました。

ご予約限定の見学会ではありますが、犬と暮らす家について知りたい!方が見えましたら、ぜひお気軽にご見学していただきたいと思います!

下記、弘栄工務店ホームページ 「愛犬と暮らす家」見学会予約ページURL↓↓↓

 

 

可児市「H様邸」完成しました!

今年の2月より解体が始まり、ブログも随時更新させていただいておりました可児市のH様邸が、無事に完成となりました!

 

お部屋の雨漏りからご依頼をいただきまして、暮らしのリフォーム、外観のリノベーションと長期にわたる工事が無事終了しました♪

先日お引渡しをさせていただき、完成したお住まいの写真も撮影させていただけましたので、披露したいと思います!

 


▲改築前:外観


▲改築後

和モダンスタイルがお好みのお客様で、これを機に外壁をガルバリウム鋼板張りにしました!

黒と白が際立つかっこいい外観になりました✨

 


完成後のガレージの写真です!

土間コンクリートは間に砕石を敷いてデザイン性を持たせ、緑が合う爽やかな場所になりました!

 


▲改築前:お庭に面するウッドデッキ


▲改築後

既存は無垢の木材でできており、老朽化で穴が開いていて危険でした!

今回取り替えを行い、樹脂製の樹ら楽ステージという製品を入れ、庇とシェードも施工しました!

ウッドデッキがきれいになったことで、お客様がお庭を手入れされ、見違えるほどきれいになり、工事をした私たちもきっかけづくりになって大変うれしかったです!

 








▲内装の工事をした、LDKの完成写真です♪

キッチンは後ろにカップボードを取り付けても人が行き違えるように設計し、奥様のキッチンへの出入り動線も広くなりお悩み解消ができました!

またLDKの壁は全て白に統一したことで、もともと南に面する日当たりのいいお部屋だったため、工事前よりとても明るくなりました!

和室は床、壁、天井すべてをやり替え、美しく生まれ変わりました✨

 

 
▲改築前:子供部屋の一角に、壁を設けてトイレを設置。


▲改築後

お客様がこだわって選ばれたライトブルーのクロスと、棟梁に造っていただいたニッチの濃いブラウンがとても相性良く、ステキになりました♪

 


▲改築前:屋根と手すりが干渉して、ここから雨漏りが発生していたため、壁を高くして穴をふさぎ内部を補修しました。


▲改築後

 

3か月間で無事にすべての工事を終えることができました!

お客様にも喜んでいただくことができ、とてもいいご縁をいただけて大変うれしく思っております。

終わってしまうことをさみしくも感じてしまいますが、今後のメンテナンス活動で、お客様と再びお会いできることが今から楽しみです✨

 

S様邸 豊田市【リノベーション】

一昨年の9月に着工が始まり、1期工事、2期工事に分け、
住みながら改築工事をさせて頂きました!

改築前のキッチンは、洗面脱衣室、お風呂の水廻りの続きで北側にありましたが、
改築後は、一番日当たりの良い南東側をDKにしました。



DKにはダイニングテーブルを置かずにキッチン前にL字型のカウンターを
ダイニングテーブルとして使用する予定です!
それにより広々と使えるスペースを作ることが出来ました(*^-^*)

加茂郡「E様邸」完成しました!

先日かねてから改築工事をさせていただいておりましたE様邸が完成し、お引渡しをしました。

 

鉄骨造築25年の家が木のぬくもりを感じるカフェのような空間に大きく変化しました。

部屋同士を仕切っていた壁を無くし、玄関からLDKまでがつながった大空間を実現しました。さらにLDKに面して10㎡以下の増築をすることで、キッチン・ダイニング周りをゆったりと使えるようになりました。

間取りの劇的変化だけでなく、新たに、断熱材の入っていなかった外壁・床下・屋根裏に断熱材を敷き詰め、断熱性能も高めました。

お客様が描かれた素敵なスケッチを元に、壁紙の色、家具のデザイン等、打合せをさせていただきスッキリとしたデザイン中にも、たくさんの工夫・こだわりの詰まったおうちに生まれ変わりました。

▲【改築前】キッチン・ダイニング

▲【改築後】キッチン・ダイニング  キッチンを囲っていた壁を無くすことで広く明るい空間に

▲【改築前】洋室

▲【改築後】LDK・玄関ホール 洋室だったところがリビングに。大きな空間に劇的変化!

 

▲【改築前(左)】【改築後(右)】キッチンだったところが大容量のファミリークローゼットに。

▲【改築後】洗面台  既存の洗面ボウルを大工造作のカウンターに設置しました。

 隣の壁にはティッシュや小物を置けるニッチも設け、スッキリとした印象に。

▲お客様が描かれたスケッチ 素敵な絵を何枚もお持ちいただきました(^^)

 

 

 

 

可児市 H様邸【玄関ガレージ建前が完了しました♪】

可児市のH様邸 リフォーム工事が着々と進んでおります!

内部の工事が一段落し、外部工事に取り掛かっています。

 

20数年の月日が経ち、お子様も車を持つようになったH様は、玄関先に駐車されて見えます。
今回のリフォームで雨漏り工事の際に外壁を新しくするため、せっかくならと、玄関先の広い部分で雨を凌げる、木製の新しい庇をご提案させていただきました!

 

本日、玄関ガレージの庇工事を着工、建前が完了いたしました♪

施工前のお写真です。既存のカーポートは外部物置やエコキュートと干渉しており、車を入れることができませんでした。

またカーポートから外壁まで少しの隙間があり、雨が降ると外壁が汚れ、下のものが水浸しになることも。

新しく取り付けた木製のガレージは、外壁にしっかりくっついているため、車から濡れずに家の中に入れるようになりました!

今後さらに土間のコンクリートを打ち、車の出し入れがしやすいように施工する予定です。

 

長く住み続けると、車のスペースが足りなかったり、雨を凌げる場所が必要だったり、とお困りごとが出てくるかと思います。
H様邸のようなガレージ工事のみも施工できますので、お困りごとがあればお気軽にご相談ください!

 

H様邸も残す作業があとわずかになってきました!
完成までが待ち遠しいです!

可児市H様邸 改築工事中です!

今年の1月14日から現場がスタートした、可児市のH様邸!
現場確認に行ってきました♪

住みながらのリフォームで、お客様には大変ご不便をおかけしておりますが、順調に工事が進んでいます!

3月に入り、工事期間も折り返しの時期です。
1階のキッチン、和室の工事がもうすぐ終わりそうです。

雨漏りをしていた天井はすべて剥がし、杉板を張りました!
とてもきれいになった!と大変喜んでいただきました。

 

続いてお風呂場↓↓

タカラスタンダードさんの新しいお風呂と洗面台が、きれいに取りつきました!

お風呂の窓はインプラスがまだ届いていないためこのようになっています。
次回の更新で取り付けた様子をお話ししたいですね!

 

また、お風呂の入り口が大きくなったため、脱衣室の壁も新しくなりました。

 

クロスの壁を杉板張りにリフォーム!
この一面を杉板張りに変えるだけで、脱衣室の湿気多くムシムシする感じが全くなくなった!とお客様に喜んでいただきました♪

 

現在は2階の、まさに雨漏りをしていた部分の補修中です。
また、2階にはトイレを新しく設置する予定です。こちらも順調に工事が進んでおります!

今後も完成したお部屋から少しづつ更新予定です♪

犬山市「O様邸」完成しました!

先日、かねてから改築工事中のO様邸が完成しお引き渡しをしました。

築約60年のご両親が建てられた家を、大切に住まわれていましたが、建物の老朽化が進み改築工事をすることになりました。

建物は、雨漏りや寒さ、段差などの修繕と、外トイレや水回り動線を解消するために大幅な間取りの変更による、屋根の葺き替えや外壁のやり替えはもちろん、断熱改修としてサッシの新設や断熱材の充填も施しました。

O様には「想像以上に素敵な建物になって嬉しいです」と大変喜んでいただき、思い入れのある既存の木製建具を活かし て 、暮らしやすさを追求したリノベーション工事となりました。


【改築前】外観

 


【改築後】外観:屋根は本いぶし瓦葺き、外壁は塗り壁とガルバリウム鋼鈑張り

 


【改築前】玄関・ホール

 


【改築後】床にナラ材を張り、上がり框と式台にカエデを使用し、上質な玄関ホールに

 


【改築前】居間

 


【改築後】既存の木製建具・踏み天井・梁を活かし落ち着いた雰囲気に

 


【改築後】段差を解消し天井に杉板を張りスッキリとした洗面脱衣室

 


【改築後】屋外にあったトイレを室内に設け使いやすく

 


【改築後】調湿効果のある杉板を張った、たっぷり収納できる納戸



すりガラスの透かし絵が美しい既存木製建具

 


木組みが美しい既存の木製建具

O様邸 犬山市【リノベーション】

前回のブログで紹介しました、
犬山市 O様邸が2月下旬に完成、お引渡しになります!

昨年の9月上旬に解体が始まり、建物全体の改築、断熱改修、屋根の葺き替え、外壁の改修を行い、既存の木造の立派な骨組みは残しながら、段差が多い動線を改善し家事動線を考えた間取りと、南側に面した明るい1部屋のLDKのある家に生まれ変わります♪

完成がとても楽しみです(o^―^o)

≪玄関≫
玄関戸を開けて正面に見えるのは、改築前に使われていた細かい細工がほどこされた引違の建具。
思入れのある建具がお出迎えしてくれます!




≪LDK≫
田の字型の和室の部屋をLDKに変更!
南側に面したリビングは縁側から差し込む日の光で温かく明るい空間になりました(^^)
大工さん手作りの無垢のTVボードとTVボード横の建具もリビングの落ち着いた雰囲気にマッチしています。



縁側と隣の和室を仕切る建具は、こちらも改築前に使われていたもの(^^)
今は作られていない柄の入ったすりガラス、部屋のアクセントになっておしゃれですね!



≪縁側≫
光の差し込む縁側、LDKから繋がるナラの無垢フローリングがより一層温かさを感じさせてくれます!



≪トイレ≫
改築前はトイレが外にありました。改築後は寝室のすぐ近くに変更!
床のクッションフロアは、お施主様がこだわりをもって選ばれました!!
タイル風でおしゃれなクッションフロアの床と淡い水色のクロス壁がとてもおしゃれですね✨

岐阜県耐震改修促進計画について

先日、岐阜県で開催された耐震改修促進計画の講習に参加しました。
少し知っておくと便利な事がいくつかありましたので紹介します。
補助金についての情報もありますので、ぜひご覧ください。

 

岐阜県耐震改修促進計画を簡単に説明すると、令和7年までの5年間で既存建物の95%を耐震化させる計画になります。
既存建物※建築基準法の旧基準(昭和56年以前)で建てられた建物の数を調べる全国調査では、岐阜県にある建物は、全国と比べ7.9%多い結果が出ています。(約17万戸)

 

★補足
平成30年度・令和2年度の岐阜県内の建物の耐震化率の調査では、
①住宅:H25 78% → H30 83% ②その他の建物:H27 86% → R2 88% が耐震工事等を行い、建物の耐震性を高めています。

補足内の数値のように著しい上昇がみられず、県では県民に安全安心な暮らしを送って頂けるように、耐震化を考えている又は行う方向けに、政策及び補助金の見直しがありました。

 

耐震について考えられている方は「耐震診断(無料の診断も有)」をまず行うといいと思います。
耐震診断では、今の建物の耐震性を把握する事が出来ると同時に、診断報告やこれからどのような耐震化を進めると良いかのアドバイスも聞けます。
また耐震補強工事の新補助制度が出来、補助額が最大110万、工事費が125万で満額の補助金が出来るようになりました。(令和4年より岐阜県の15市町がこの制度を活用します!)
また市町村によっては諸条件等が異なる為、必ず窓口でご確認ください。

 

耐震診断の結果で、すぐに耐震化を行う!という事も大事かもしれませんが、お客様の生活に変化があった際に一緒に行うのも、リノベーションでは大事な事です。お客様のペースで、補助金も賢く使い、より安全が担保された暮らしをして頂けたらと思います。

 

また興味などありましたらいつでもお気軽にご相談ください。

 

CO-A DIY Factory 地鎮祭

Co-A villageが昨年オープンしました!
その後ろに新しくCO-A DIY FACTORYが建設されます✨

CO-A DIY  FACTRYは、弊社専属の大工が駐在し大工仕事やモノづくりを
教えてくれる“匠の技”と“地域”を繋げる場にしたいと考えています。
弊社で家を建てられるお客様はもちろん、DIYがお好きな方、
木に興味のある方、お子様、地域の皆様に見学・ご利用して頂けます。
また、一昨年、下呂市集中豪雨から、下呂市にある工場を分散させることを
検討すべきだと考えました。
可児市のサテライト工場としても、CO-A DIY  FACTRYを使用致します。

先日、地鎮祭が行われ工事の無事を祈願しました!
完成が楽しみです♪

 

可児市 H様邸【新しい現場が始まっております!】

1月中旬より新たに、可児市にてH様邸のリフォームがスタートしております。

 

H様邸との出会いは、弊社のスタジオにご来場いただき、20年以上も雨漏りに耐え続けていることを相談していただいたことからでした。
他にも、キッチンの幅が狭いこと、お風呂が寒いこと、階段一段にも満たない小上がりで足をぶつけてケガをされること、などたくさんのお困りごとをお聞きし、今回のリフォームで全てを解決できるようご提案させていただきました!

 

可児市は4月~5月にも大雨の時期があるため、4月中の完成予定です。

早速、解体工事がスタートしました!

こちらはLDKの中央にある6畳の和室です。他の部屋より16㎝上がっており足をぶつけてしまう場所です。左奥から雨漏りをしていました。
天井・壁・床を解体し、4畳半の開放的な和室に生まれ変わります!

こちらはお風呂場です。大きな窓があり冬はとても冷えるとのこと。
新しくユニットバスを入れ、大きな窓にはインプラスを設置予定です♪

 

キッチンも解体工事を行い、古いキッチンを取り出しました。
お家で給仕スペースはこの部分しかなく、目の前はすぐにダイニングで、食器棚や米櫃が全く置けず、奥様が不便されていました。
こちらはお部屋の広さを半畳分ずらして広くし、キッチンもI型にすることで収納スペースを確保する予定です。

 

H様邸では現場監督補佐として、設計担当が現地確認もさせていただいております。
4月の完成がとても楽しみです♪