blog

ブログ
CO-A RENOVATION | CO-Aリノベーション | 弘栄工務店 | 岐阜・愛知

今週末は新築見学会!

8/24(土)25(日)10:00~17:00
加茂郡七宗町にて新築の完成見学会を開催します!

20代ご夫婦が建てた、収納充実 暮らしにあわせた木の住まい
ワークスペースや造り付け家具など、見どころ満載です(^^)







詳しくはこちらへ

水廻り改修工事も行っています!

弘栄工務店では、水廻り改修工事も行っています!

・古くなった設備を交換したい
・水廻りの位置を変えたい
・トイレを車椅子対応にしたい
・カビ臭くなったのでクロスも変えたい

トイレや浴室、キッチンなど毎日使用する水廻りは何かと悩みが出てくるかと思います


今回は土間収納だった場所にトイレと浴室を設けた改修工事を紹介します!

勝手口の扉を開けると3帖の土間収納
寝室に近い場所ということもあり、ここに新しくトイレと浴室を設けたいとのご要望をいただきました








写真右、勝手口と土間収納の境の壁を解体



トイレと浴室の窓を取り付ける外壁は、取付部分のみ解体し、解体費・施工費を抑えました



写真奥にトイレ、手前にユニットバスを設置
トイレの幅を広めにしたいとの要望もあり、ユニットバスはさまざまな寸法に対応できるタカラスタンダードさんのぴったりサイズ



勝手口も脱衣室に造り変え、
床はお手入れが楽なクッションフロア張り
天井には調湿性の高い(湿気を吸収する)杉板張りに




約1か月の工期で完成しました

せっかく改修工事を行うなら、大工さんに収納も造作してもらいたい!
弘栄工務店ならではの水廻り改修工事も行っていますので、気軽にご相談ください(^^)/

夏季休業のご案内

誠に勝手ながら、弊社では8月11日(日)~8月15日(木)夏季休業とさせていただきます。

新築モデルハウス「クロノイエ」「無垢の家HIRAYA」「木屋°coyado」、リノベーションモデル「愛岐モデルハウス」は、8月9日(金)~8月15日(木)休館になります。

休業期間中のご来場予約、資料請求、その他お問い合わせは、当webサイトのお問い合わせページよりお送りください。休業期間中のお問い合わせに対するご回答は、8月16日(金)以降に順次対応させていただきます。
何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

リノベーションモデルハウス 外壁吹付工事

例年よりも長い梅雨がようやく明けましたね!
雨が続くと現場では外部の仕事ができなくなるので、晴れ予報が聞けるとより気持ちがいいです!

さて、リノベーションモデルハウスの外部も工事が進んでおります



   



外壁をシンプルな白色から落ち着いた緑色へ吹付

緑系色の外壁には、白色や黒色などのメリハリが付くサッシがおすすめです!
モデルハウスでは既存のサッシを活かし、外部に新しく取り付ける樋や破風も黒色に統一しました


▲黒色のサッシのイメージパース
全体的にメリハリが付き、サッシも外壁の色も映えます



▲ブロンズ系色のサッシのイメージパース
全体的にメリハリが無くぼんやりしてしまいます


部材色ひとつで印象が大きく変わるので外観の色打合せはとても大切ですね!

今週末は新築見学会!

7/27(土)28(日)10:00~17:00
土岐市妻木町にて新築の完成見学会を開催します!

和風デザインのガレージ一体型住宅です!
施主様のこだわりが詰まった造作家具を見に、ぜひいらしてください(^^)

詳しくはこちらへ







スタジオの軒先の秘密

今年は梅雨らしい梅雨となり、雨の日が続きますね

お出かけしても濡れてしまうし、洗濯ものも乾かない…
少しネガティブになってしまう雨の日ですが、スタジオにはそんな雨を少しだけ楽しめる場所があります!



スタジオの軒の深いアプローチ
実は軒先には雨樋がついていません!



雨樋が無いので瓦のストレートなラインがきれいに見えるだけでなく、
雨降りの時は軒先から砂利敷へ落ちる雨が見えていいものです♪




雨が降ってきたのでiPhoneをかまえてみるものの…う~ん、分かりずらい…
そこで動画を撮ってみました!みなさんも雨の日を楽しんでみてください(^^)/

雨の日のスタジオ

Chat×弘栄工務店 イベント開催!

7/20(土)、ChatさんとZEHモデルハウスで親子撮影会を行います!

3月にオープンしたばかりのモデルハウスでプロカメラマンに撮影してもらえます♬
同時にモデルハウスを見学することができるので、ぜひ応募してみてください(^^)/





★応募はChat7月号にて受け付けております

鹿児島へ研修旅行に行ってきました!

週末、大工さん協力業者さんスタッフで鹿児島へ研修旅行に行ってきました!

今回の旅のメインは「知覧特攻平和会館

1941年(昭和16年)12月8日、ハワイのオアフ島真珠湾にあるアメリカ海軍基地への奇襲攻撃によって始まった第二次世界大戦。 日本の陸・海軍主力は、真珠湾攻撃の後、東南アジアに進攻し、瞬く間にオーストラリア北側の線まで進出しました。

ところが、1942年(昭和17年)8月になるとアメリカを中心とする連合軍が態勢を回復し反撃に転じました。その後の日本軍は連合軍の強大な戦力に押され防戦一方になり、開戦から3年後の1945年(昭和20年)初頭になると、沖縄はもちろん日本本土も空襲を受けるようになりました。特に1945年(昭和20年)5月7日、同盟国であったドイツが降伏すると、連合軍の攻勢は日本だけに集中するようになり、日本全土が苦戦を強いられるようになったのです。

当時、日本政府は沖縄を本土の最前線と考え、その最前線を守るために採られたのが、特攻作戦でした。

特攻作戦とは、「体当たり攻撃」とも呼称され、250kg爆弾を装着した戦闘機の体当たりによって敵の艦船体を沈め、パイロットは必ず” 死ぬ・亡くなる” という『必死』条件の作戦でした。国のためにと身を投じた特攻隊には17歳という幼い少年もいたそうです。

もっとも多くの特攻隊が配属され、出撃したのが、この鹿児島県の知覧基地でした。


資料館には特攻隊が家族や兄弟、恋人へ残した遺書が多く保管されていました。

「これが最期の親孝行です。どうか悲しまず、よくやったと褒めてください。」
「弟と妹よ、お父さんお母さんのことは頼んだぞ。」
「わたしはもうこの世におりません。過去に生きてはいけません。どうか幸せになってください。」

大切な人を残して明日には命を落とす人とは思えない、笑顔で並ぶ特攻隊の写真もありました。
死の直前まで彼らが想い願ったのは大切な人の幸せでした。


今回の旅で、当時を生きた特攻隊の 全力で自分の役割を全うする精神の強さや、今の日本の平和がいかにしてあるのかを学びました。



私たちも改めて心をひとつにし、それぞれの役割を果たし、多くの人の幸せをつくり続ける工務店でありたいと思います

リノベーションモデルハウス 耐震補強工事

今回はリノベーションモデルハウスの間取りの変更に伴う耐震補強工事をアップしたいと思います!

耐震補強工事というと
既存住宅の耐震性の向上のため、間取りの変更に伴う耐震補強のため
といったようにリノベーションする上では気になる点ですよね


耐震補強もさまざまな方法がありますが、今回はリノベーションモデルハウスの例を紹介します

もともと鉄筋の入っている基礎で、シロアリによる土台や柱の腐朽も無く耐震性のある建物でしたが
間取りの変更に伴い、キッチンの壁にある筋交いを切りました



そこで別の場所に構造用合板を使用する耐震壁を設けました

一般的に、構造用合板を使用し耐震壁とする場合、構造用合板を土台と梁に接合しなくてはいけません
簡単にいうと、耐震壁を作る部分の床と天井を壊す必要があり、解体費や修繕費がかかってしまいコストの高い工事になってしまいます

そこで「床と天井をはがす必要のない」コストが最小限抑えられる「低コスト耐震補強」を採用しました

 

部分開口(構造用合板と 土台と梁 までの距離)が合わせて370mmであれば耐震壁とすることができる補強方法です
耐震壁を作る部分の床と天井を壊す必要がなく、解体費や修繕費がかかりません

※構造用合板の厚みや釘・釘ピッチの指定がありますので、ただ構造用合板を貼るだけでは耐震壁になるわけではありません


来週末は新築見学会!

6/22(土)23(日)10:00~17:00
名古屋市守山区にて新築の完成見学会を開催します!

事前にお電話か、弘栄工務店新築HP内お問い合わせよりご予約をお願い申し上げます

お電話 0574-63-3939(電話対応時間9:00~18:00)
お問合せメールは、こちらから
※備考欄に「守山区見学会希望日時 ○曜日 ○○時~」と、ご記入ください

リノベーションモデルハウス 大工工事6

久々に弘栄工務店リノベーションモデルハウスの現場状況をアップします!

既存のLDK キッチンが閉鎖的でした



写真の奥に見える箱がキッチンです
家族がテレビを見ながら談笑している間、奥さんは一人キッチンでご飯の支度…なんて寂しいですよね!



ダイニングとの境の壁を取り、視界が通るよう対面にしたシステムキッチン周りは腰壁を造作







これで奥さんも家族と談笑しならご飯の支度ができるようになりました!



腰壁をつくることで、シンクの中や洗剤、ふきん、調味料など手元を隠すことができます
腰壁の内側はタイル貼りになるので、嬉しいこと尽くしです(^^♪

弘栄友の会特別企画 飛騨の里で感謝祭2019【後編】

「飛騨の里で感謝祭2019」

今年のイベントは「参加型」にこだわり、毎回行う木工作体験と魚つりに加え、木育イベントで大人気なこども上棟式も行いました!
こども上棟式では、お子さんが大工さんになりみんなで小さな家を造り上げます(^^)/





小さな体でかけや(大型のつち)を持って一生懸命、大工仕事を体験してもらいました!


木工作体験では、スツールやブックラック、お箸をご家族で作っていただきました!



 

家造りとはまた違う、大工さんと一緒に楽しむものづくりはいかがだったでしょうか?


さらに、今年は棟梁チーム対抗で大梁早切り競争も行いました!





担当棟梁別にチームを作り、大梁を早く切ったチームの勝ち!
お父さんたち大活躍★



運動会のような盛り上がりでOB様同士の団結力もさらに高まりました(*^^)人(^^*)


お引渡し後のメンテナンス活動だけではなく、再びOB様と一緒にものづくりができる貴重な時間を過ごせて、改めて家造りという仕事に誇りを持てた気がします。

お暑い中、弘栄工務店友の会のイベントに参加いただきありがとうございました!